GLOBAL HEALTH CARE - Hospital Sending Service
COEX Free Shuttle Bus

  • Home >
  • Membership >
  • サイト利用約款

第1章 総則

第1条(目的)
この約款は「江南ファミリーホテル」が運営する http://www.gangnamfamilyhotel.com(「江南ファミリーホテル」サイトの総称で、以下「江南ファミリーホテル」という)が提供するインターネット関連サービス(以下、「サービス」という)のご利用にあたって、弊社と利用者の権利、義務及び責任事項の規定を目的とします。

第2条(定義)
①「江南ファミリーホテル」とは、「江南ファミリーホテル」が財貨あるいはサービスを利用者に提供するため、コンピュータなどの情報通信設備を利用して財貨あるいはサービスを取引できるように設定した仮想の営業場をいいます。また、ポータルサイトを運営する事業者の意味でも使用します。
②「利用者」とは、「江南ファミリーホテル」にアクセスし、この約款に従って「江南ファミリーホテル」が提供するサービスを受ける会員及び非会員をいいます。
③「会員」とは、「江南ファミリーホテル」に個人情報を提供して会員登録を行った者で、「江南ファミリーホテル」の情報を継続に提供してもらうと共に「江南ファミリーホテル」が提供するサービスを継続に利用のできる利用者をいいます。
④「ID」とは、会員の識別とサービス利用のために会員が決め、弊社が承認した文字と数字の組み合わせをいいます。
⑤「パスワード」は、会員に付与されたIDと一致する会員であることを確認するとともに、個人情報の保護のために会員が決めた文字と数字の組み合わせをいいます。
⑥「解除」とは、会社または個人がサービスの開始後に利用契約を解約することをいいます。
⑦「非会員」とは、会員登録していない「江南ファミリーホテル」が提供するサービスを利用する利用者をいいます。

第3条(約款の有効及び改正)
① この約款は、サービスを通じて公知したり、電子メールやその他方法にて会員に通知することにより効力を発生します。
②「江南ファミリーホテル」は約款の規制等に関する法律、電子取引基本法、電子署名法、情報通信網利用促進などに関する法律、消費者保護法などの関連法に違反しない範囲で、この約款を改正することができます。
③ 変更された約款は第1項と同じ方法で公知又は通知することにより効力を発生します。
④ この約款で定めていない事項と、この約款の解釈に関しては政府が制定した電子商取引の消費者保護指針及び関連法令または商取引慣例に従います。

第4条(サービスの中断)
①「江南ファミリーホテル」は、コンピュータなどの情報通信設備の保守点検、交換及び故障、通信エラーなどが発生した場合、サービスの提供を一時的に中断することができます。
② 第1項によるサービ中断の場合、「江南ファミリーホテル」は第7条で定められた法に基づき利用者に通知します。

第2章 会員登録

第5条(会員登録)
① 利用者は「江南ファミリーホテル」が定めた登録フォームに従って会員情報を登録した後、その約款に同意するとの意思表示をすることにより会員登録申請をします。
②「江南ファミリーホテル」は第1項の通りに会員登録申請した利用者の中から、次の番号に該当しない限り会員として登録します。
1.登録申請者がこの約款の6条第3項により以前会員資格を失ったことがある場合。
2.登録内容に虚偽、記載漏れ、誤字脱字がある場合。
3.会員登録契約の成立時期に 「江南ファミリーホテル」にとって技術上著しい支障をきたすと判断される場合。
4.登録事項に変更がある場合、直ちにEメール又はその他の方法で 「江南ファミリーホテル」にその変更事項を知らせなければなりません。

第6条(退会及び資格喪失等)
① 会員は「江南ファミリーホテル」に対しいつでも退会を要請することができ、「江南ファミリーホテル」は直ちに会員の脱会処理をしなければなりません。
② 会員が次の番号の事由に該当する場合「江南ファミリーホテル」は会員資格を制限及び停止、ご利用をお断りする場合があります。
1.登録申請時に虚偽内容を登録した場合。
2.「江南ファミリーホテル」を利用し、購入した財貨やサービス等の代金、その他「江南ファミリーホテル」の利用に関して会員が負担する債務を期限内に支払わなかった場合。
3.第三者に「江南ファミリーホテル」の利用において迷惑・損害を与える行為、情報の盗用等、電子取引の秩序を乱した場合。
4.「江南ファミリーホテル」の利用において法令及び約款での禁止行為や公序良俗に反する行為を行った場合。
③「江南ファミリーホテル」が会員資格を制限または停止させた後、同じ行為を2回以上繰り返したり、30日以内にその事由が是正されない場合「江南ファミリーホテル」は会員資格を喪失させることができます。
5.「江南ファミリーホテル」が会員資格を喪失させる場合、会員登録を抹消します。この場合、会員にそれを通知し、会員登録の抹消前に釈明の機会を与えます。

第7条(会員に対する通知)
①「江南ファミリーホテル」が会員に対し通知を行う場合、会員が「江南ファミリーホテル」に提出したEメールアドレスやその他通信手段を利用することができます。
②「江南ファミリーホテル」が不特定多数の会員に対し通知する場合、一週間以上の期間「江南ファミリーホテル」掲示板に掲示することで個別通知に代えることができます。

第8条(利用契約の成立)
①「利用約款に同意しますか?」という利用申請時の問いに会員が「同意」ボタンをクリックした場合、この約款に同意したものとみなされます。
② 利用契約サービスの利用約款の同意後、申請に対し、弊社が承諾することにより成立します。

第3章 権利と義務

第9条(個人情報の保護)
①「江南ファミリーホテル」は利用者の個人情報を収集する際、購買契約の履行に必要な最小限の個人情報を収集します。
下記は必須事項で、それ以外は選択事項とします。
氏名
氏名の英語表記(会員の場合)
生年月日(会員の場合)
ID(会員の場合)
パスワード(会員の場合)
住所(会員の場合)
住所の英語表記(会員の場合)
電話番号
携帯電話番号
Eメールアドレス
②「江南ファミリーホテル」が個人を特定できる情報を収集する時、必ず当該する利用者の同意を得なければなりません。
③「江南ファミリーホテル」が会員の個人情報を収集する目的は「江南ファミリーホテル」の商品や様々なサービスを利用する利用者と信頼関係を築き、よりよいサービスを円滑に提供するためです。
④ 提供された個人情報は当該利用者の同意なしに目的以外の利用や第三者に提供することはできません。また、これに対する全ての責任は「江南ファミリーホテル」が負います。但し、次の場合は例外とします。
1.配送業務上、配送会社に配送に必要な最小限の利用者の情報(氏名、住所、電話番号)を通知する場合。
2.統計作成、学術研究又は市場調査のために必要な場合として、特定個人を識別できない形で提供する場合。
⑤「江南ファミリーホテル」は第2項及び第3項により利用者の同意を受けなければならない場合、個人情報管理責任者の身元(所属、氏名、電話番号、その他連絡先)情報の収集目的及び利用目的、第三者への情報提供の関連事項(提供を受ける者、提供を目的とする情報の内容)等、情報通信網の利用促進などに関する法律第16条第3項に規定した事項の事前明示を公知しなければならない。それに対し、利用者はいつでもこの同意を撤回することができます。
⑥ 利用者は「江南ファミリーホテル」が保有する自身の個人情報に対し、いつでも閲覧及びエラー訂正を要請することができます。「江南ファミリーホテル」はこれに対して直ちに必要な処置を取らなければなりません。また、利用者がエラーの訂正を要請した場合、「江南ファミリーホテル」はそのエラーの訂正が完了するまで当該する個人情報を利用してはいけません。
⑦「江南ファミリーホテル」は個人情報保護のために管理者を限定し、管理者の数を最小限に抑えます。クレジットカード、銀行口座等を含む利用者の個人情報の紛失、盗難、流出、変造などによる利用者への損害に対し、全責任を負うこととします。
⑧「江南ファミリーホテル」又は「江南ファミリーホテル」から個人情報を提供された第三者が個人情報の収集目的又は提供を受けた目的を達成した時、当該する個人情報を直ちに破棄しなければなりません。

第10条(「江南ファミリーホテル」の義務事項)
①「江南ファミリーホテル」は法令及び約款での禁止行為や公序良俗に反する行為を行いません。この約款に従い、持続的で安定的な財貨・サービスの提供のために最善を尽くさなければなりません。
②「江南ファミリーホテル」は、利用者が安全にインターネットサービスを利用できるよう、利用者の個人情報(信用情報を含む)の保護のためにセキュリティシステムを備えなければなりません。
③「江南ファミリーホテル」が商品やサービスに対し「表示・広告の公正化に関する法律」第3条所定の不当な表示・広告行為により、利用者に損害を与えた場合、これを賠償する責任を負います。
④「江南ファミリーホテル」は利用者が望まない場合、営利目的の広告性のあるEメールの送付はいたしません。

第11条(会員のID及びパスワードに対する義務事項)
① 第15条を除いたIDとパスワードに関する管理責任は会員にあります。
② 会員は自分のIDとパスワードを第三者に利用させてはいけません。
③ 会員は自分のIDとパスワードを窃取されたり、第三者が使用していることが判明した場合、直ちに 「江南ファミリーホテル」に通報し、それに対して「江南ファミリーホテル」から案内がある場合、これに従わなければなりません。

第12条(利用者の義務事項)
利用者が次の行為を行うことを禁じます。
1.申請又は変更時における虚偽内容の登録。
2. 「江南ファミリーホテル」に掲示された情報の変更。
3.「江南ファミリーホテル」が定めた情報以外の情報(コンピュータプログラム及び広告等)の送信や掲示。
4.「江南ファミリーホテル」やその他の第三者の著作権等の知的財産権に対する侵害行為。
5.「江南ファミリーホテル」やその他の第三者の名誉毀損行為及び業務妨害行為。
6.猥褻又は暴力的なメッセージ・画像・音声、その他公序良俗に反する情報を「江南ファミリーホテル」に公開または掲示する行為。

第13条(情報の提供)
「江南ファミリーホテル」が会員に対し、サービスの利用が必要であると判断する場合、多様な情報をEメールや郵便等の方法で会員に提供することができます。但し、会員が情報を希望しない場合には、会員登録申請フォームや会員情報変更メニューから情報受信を拒否することができます。

第4章 その他

第14条(損害賠償)
「江南ファミリーホテル」は、サービス料金が無料の間の利用に関連する損害に対し、どんな場合であれ責任を負いません。

第15条(著作権の帰属及び利用制限)
①「江南ファミリーホテル」が作成した著作物に対する著作権とその他知的財産権は「江南ファミリーホテル」に帰属します。
② 利用者は「江南ファミリーホテル」を利用することで得た情報を「江南ファミリーホテル」の事前承諾なしに複製、送信、出版、配布、放送、その他の方法で営利目的に使用したり、第三者に使用させてはなりません。

第16条 紛争解決
①「江南ファミリーホテル」は、利用者が提起する正当な意見や不満を反映し、その被害を補償するために被害補償処理チームを設置・運営しています。
②「江南ファミリーホテル」は利用者から提起される不満事項及び意見は優先的に処理します。但し、迅速な処理が困難である場合、利用者にその理由や処理日程を速やかにお知らせします。
③「江南ファミリーホテル」と利用者との間に発生した紛争は、電子取引基本法第28条及び同施行令第15条の規定により設置された「電子取引紛争調整委員会」の調停に従います。

第17条(裁判権と準拠法)
①「江南ファミリーホテル」と利用者間に発生した電子取引の紛争に関する訴訟は民事訴訟法上の管轄の裁判所へ申し立てます。
②「江南ファミリーホテル」と利用者間に提起された訴訟には韓国法が適されます。

[付則] 第1条(施行日)
この約款は2016年4月5日から施行します。